【2019年】プロ野球引退選手一覧が豪華だけど寂し過ぎる…【毎日更新】

2019年でプロ野球を引退する選手の一覧をまとめました。

【2019年】プロ野球引退選手一覧

2019年に引退を表明した選手一覧です。(9/24時点)

セ・リーグ

巨人 上原浩治
巨人 阿部慎之助
元DeNA 荒波翔
元広島 エルドレッド
広島 永川勝浩
広島 赤松真人
阪神 メッセンジャー
阪神 横田慎太郎
ヤクルト 館山昌平
ヤクルト 寺原隼人
ヤクルト 畠山和洋
ヤクルト 三輪正義

巨人:阿部慎之助

2279試合
2131安打
405本塁打
1284打点
通算打率.284 通算OPS.863
首位打者(2012)打点王(2012)MVP(2012)

阿部慎之助選手は、長年巨人の正捕手として活躍。

2012年には、他の選手が統一球の影響で軒並み打撃成績を落とす中、阿部選手は 打率.340 27本塁打 104打点と首位打者&打点王を獲得し、巨人のリーグ優勝に大きく貢献し、MVPにも選ばれています。

巨人:上原浩治

広島:永川勝浩

527登板
38勝 42敗 165S 79H
582投球回
605奪三振
通算防御率3.46

落差の大きいフォークボールが武器の広島カープの名守護神。

2008年には56試合に登板し 4勝 1敗 38S 防御率1.77 と広島カープの守護神として活躍しました。

広島:赤松真人

阪神:メッセンジャー

262登板 98勝84敗
1606投球回
1474奪三振
通算防御率3.13
最多勝(2014)最多奪三振(2013,2014)
最多投球回(2013,2014,2016)

阪神タイガースのエースとして活躍したメッセンジャー投手。

毎年のように200イニング近く投げるタフネスぶりと、角度ある直球と縦に大きく割れるカーブ、スプリットで三振の山を築いた名選手です。

2014年には13勝で最多勝と最多奪三振のタイトルを獲得し、クライマックスシリーズや日本シリーズでも好投し、チームの日本シリーズ出場に大きく貢献しました。

阪神:横田慎太郎

ヤクルト:館山昌平

277登板 85勝 67敗 10S 24H
1388.2 投球回
995奪三振
通算防御率 3.31
最多勝(2009年)最高勝率(2008年)カムバック賞(2015年)

石川選手に並び、ヤクルトスワローズのエースとして長年活躍。

2009年には16勝をあげ最多勝を獲得。

二桁勝利を6回記録するなど、ヤクルトに欠かせない投手として活躍しました。

ヤクルト:畠山和洋

1105試合
936安打
128本塁打
567打点
通算打率 .265
打点王(2015年)ベストナイン(2015年)ゴールデングラブ賞(2012年、2015年)

2015年にヤクルトスワローズの4番として .268 28本塁打 104打点と活躍し、ヤクルトスワローズのリーグ優勝に大きく貢献。

二桁本塁打を6回記録する長打力が魅力的でした。

ヤクルト:寺原隼人

ヤクルト:三輪正義

パ・リーグ

ロッテ 福浦和也
日本ハム 實松一成
日本ハム 田中賢介
オリックス 岸田護

ロッテ:福浦和也

日本ハム:実松一成

日本ハム:田中賢介

オリックス:岸田護

【2019年】プロ野球引退選手まとめ

2019年にプロ野球を引退する選手についてまとめました。

平成を彩った名選手達が続々と引退を表明し、野球ファンとしては寂しい限りですね…

各選手の思い出や応援コメント等ありましたら、ぜひコメント欄に書き込んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA